PICK UP記事

○○な人はホワイトニングできない?ホワイトニングができない人一覧

記事の内容をざっくりまとめ
歯が健康で18歳以上の人は基本的にホワイトニングを受けられる

 

「さあホワイトニングをやろう!」と息まいたタイミングで、
何かしらの理由でホワイトニングをできないという事態に陥ることがあります。
ホワイトニングは、歯や体の状況次第でできるかできないかが決まります。

今のうちに「自分はホワイトニングができるかどうか」を知っておきましょう。
ホワイトニングは基本的に健康的な歯で本人が18歳以上であれば受けられます

ホワイトニングができない人

●妊娠中の人
今のところ、ホワイトニングが原因で胎児や母体に影響が出たという症例はないようですが、ホワイトニングでは薬剤を使用するので、胎内に影響が出ないとも限りません。影響が出る可能性は0ではないということで、妊娠中のホワイトニングは受け付けていないクリニックがほとんどです。たとえ受け付けている場所があったとしても、赤ちゃんの健康を考えた場合はやらない方が良いでしょう。

●差し歯の人
差し歯の人は基本的にホワイトニングができません。これは歯とは素材が違うという点が主な理由です。差し歯は、保険適用範囲内で作った場合、基本的にレジンというプラスチック素材で作られています。ふつうのプラスチックを見るとわかりますが、経年劣化で黄ばみが内部へじわーっと浸透します。また、外部からの影響で着色もしやすいため、歯と同じように白くすることはできないのです。

もし差し歯部分を白くしたい場合は、新しく差し歯を入れたり、専門店で処置してもらう必要があります。

●歯周病、虫歯の人
ホワイトニングでは薬剤を使用します。次の項の「知覚過敏」の部分でも解説しますが、歯が不健康な場合、その薬剤が染みて治療どころではなくなることがあります。また、歯の欠けた部分や穴になっている部分から薬剤が入り込み、神経に影響を及ぼすこともあります。どちらにせよ良い効果はないので、完全に治療が済んでからホワイトニングを始めましょう。

●エナメル質形成不全、象牙質形成不全の人
どちらも歯の形成に異常が生まれる疾患です。この疾患がある状態だと、深部まで薬剤が浸透しやすくなってしまいます。非常に染みやすく、また神経に障害として残る可能性もあるので、ホワイトニングはできないと考えてください。

●無カタラーゼ症の人
無カタラーゼ症とは「過酸化水素」を分解するカタラーゼという酵素が不足してしまう疾患です。過酸化水素という成分はホワイトニングの薬剤に入っているもので、無カタラーゼ症の状態でホワイトニングをやってしまうと、薬剤が体内に残留してしまいます。残留すると、口の中が壊死してしまうリスクがかなり高くなるので、この場合もホワイトニングはできないと考えた方が良いでしょう。

ホワイトニングができないわけではない…けどオススメできない人

●知覚過敏
ホワイトニングで使用する薬剤は、通常の健康な状態の歯でも染みることが多いので、知覚過敏の場合は相当痛みます。前項で挙げた歯周病や虫歯などの場合と同じで、まず治療から始めた方が良いです。

●神経が死んでいる人
ホワイトニングは生きている歯に有効なので、神経が死んでいる歯には通常のホワイトニングでは効果がありません。歯に穴をあけてそこに薬剤を流し込むことでホワイトニングをやるという手法はありますが、ほかの歯と同じような自然な白さにすることは基本的に無理だと考えておいた方が良いです。

 

基本的に、ホワイトニングは健康的な歯に対して行う処置です。
歯に何か問題がある状態でやることは(ほとんどの場合)できませんので、
まずはクリニックで歯の状態をチェックしてもらうことから始めましょう。

サロンなのに2,500円?!格安で体験できるホワイトニングサロン

時間の取れない方、気軽にホワイトニングをしたい方にはホームホワイトニングもおすすめですが、より「早く」「確実に」歯を白くしたいならホワイトニングサロンがおすすめです!

その中でもスターホワイトニングなら2,500円と、ホームホワイトニング並みの価格で歯を白くできちゃいます!




【関連記事】【徹底解説!!】スターホワイトニングの料金・サービス